【IPOセカンダリー投資】AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027 上場初日の初値予想

【IPOセカンダリー投資】AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027 上場初日の初値予想

【IPOセカンダリー投資】AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027 上場初日の初値予想

※「AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027」は、「確認すべき事項が発生し、2022年12月12日開催の当社取締役会において、当該確認に時間を要するものと判断した」という理由で、上場取り消しとなりました。

「確認すべき事項が発生し、2022年12月12日開催の当社取締役会において、当該確認に時間を要するものと判断した」とのことです。

(木)に東証グロース市場に上場する「AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027」。

「AnyMind Group(エニーマインドグループ)5027」の事業内容や

上場初日における好材料や悪材料を踏まえ、

初値予想などを含めたIPOセカンダリー投資を考察します。

IPOセカンダリー投資についてはさまざま解釈があります。

この記事では、IPO株(新規公開株)が上場した直後に値動きの大きいタイミングで投資して、短期で利益を狙う投資手法のことをIPOセカンダリー投資としています。

AnyMind Group(5027)のIPOセカンダリー評価

事業内容 3
業績 2
公開株数 1.5
上場日程 3
ロックアップ 2.5
IPOセカンダリー評価:12/25

AnyMind Group(5027)のIPO詳細

企業名 AnyMind Group株式会社(AnyMind Group Inc.)
企業ホームページ https://anymindgroup.com/ja/
銘柄コード 5027
市場 東証グロース
業種 情報・通信業
主幹事
  • みずほ証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
引受幹事
(委託幹事含む)
BB(ブックビルディング)期間 2022年11/30(水)~12/6(火)
仮条件 970円 ~ 1,000円
上場日 (木)
公募価格 1,000円
購入申込期間 2022年12/8(木)~12/13(火)
公募株数 885,300株
売出し株数 1,804,200株
OA(オーバーアロットメント) 403,400株
当選株数合計 3,092,900株
想定時価総額 569.8億円
吸収金額 30.9億円
  • ※想定時価総額は公開価格で計算
    公開価格決定前は想定価格や仮条件の上限価格で計算
  • ※吸収金額は当選株数合計で計算
    公開価格決定前は想定価格や仮条件の上限価格で計算

AnyMind Group(5027)の主要株主とロックアップ

株主名 比率 ロックアップ
十河 宏輔(代表取締役) 37.21% 360日間
小堤 音彦 9.54% 360日間
(株)SMBC信託銀行(特定運用金外信託 未来創生2号ファンド) 6.77% 180日間
JATF VI (Singapore) Pte. Ltd. 6.63% 180日間
1.5倍
JAFCO Asia Technology Fund VII Pte. Ltd. 4.81% 180日間
1.5倍
JIC ベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合 3.92% 180日間
JPインベストメント1号投資事業有限責任組合 2.86% 180日間
日本グロースキャピタル投資法人 2.42% 180日間
渡邊 久憲 1.86% 360日間
大川 敬三 1.71%

AnyMind Group(5027)の事業内容

AnyMind Group(5027)の事業内容画像出典:AnyMind Group

AnyMind Group(5027)の主な事業内容は、

ブランド企業向けマーケティング支援、パブリッシャーおよびクリエイター向け収益化支援、D2C支援に関するプラットフォームとサービスの開発・提供を行っています。

AnyMind Group(5027)の事業概要は次の通りです。

AnyMind Group(5027)の事業概要画像出典:AnyMind Group/目論見書

AnyMind Group(5027)のプラットフォーム展開や成長戦略は次の通りです。

AnyMind Group(5027)の事業概要
AnyMind Group(5027)の事業概要画像出典:AnyMind Group/目論見書

AnyMind Group(5027)の業績

AnyMind Group(5027)の業績について。

売上高は着実に伸びていますが、未だ赤字が続いております。

AnyMind Group(5027)の業績画像出典:kabutan

第3四半期時点で売上約17,191百万円、

経常利益は119百万円となっています。

AnyMind Group(5027)の業績画像出典:kabutan

AnyMind Group(5027)の経営指標等(連結)の推移は次の通りです。

AnyMind Group(5027)の経営指標等(連結)の推移
AnyMind Group(5027)の経営指標等(連結)の推移画像出典:AnyMind Group/目論見書

AnyMind Group(5027)の経営指標等(単独)の推移は次の通りです。

AnyMind Group(5027)の経営指標等(単独)の推移画像出典:AnyMind Group/目論見書

AnyMind Group(5027)の上場初日における好材料と悪材料

AnyMind Group(5027)のIPOセカンダリー投資を考える上で、

上場初日における好材料と悪材料をピックアップしてみます。

AnyMind Group(5027)の上場初日における好材料

M&Aなどでビジネスをグローバルに展開しており、売上高が急速に伸びています。

AnyMind Group(5027)の上場初日における悪材料

売上は急速に伸びているものの、赤字が続いております。

公開価格の1.5倍でロックアップが外れる大株主がいます。

この日はスマートドライブ(5137)も上場するので、資金分散しやすく上場スケジュールもマイナス材料です。

AnyMind Group(5027)の上場初日の初値予想

AnyMind Group(5027)の

上場初日の初値決定前の気配値による上限価格と下限価格は以下の通りです。

【AnyMind Group(5027)初値決定前の気配値】
公募価格 1,000円
気配値の上限価格 2,300円
気配値の下限価格 750円

上場初日の初値決定前の気配値による上限価格と下限価格は次のように決まります。

  • 気配値の上限価格:公開価格の2.3倍
  • 気配値の下限価格:公開価格の0.75倍

好材料と悪材料を踏まえ、

上場初日の初値をざっくりと予想してみます。

そこそこ注目されそうなIPO

東証グロース市場への上場で

想定時価総額が569.8億円で、

吸収金額は30.9億円です。

2022年3月に上場の予定でしたが延期となり、今回の上場となります。

事業内容が少し分かりづらい印象があり、評価が分かれそうなIPOです。

12月はIPOラッシュで資金分散することを考えると、苦戦しそうな印象が否めません。

想定価格通りになれば公開価格は低くなりそうですが、公開株数が多く上値も重くなりそうです。

公開価格の1.5倍でロックアップが外れる大株主がいるので、初値形成後は売り圧力になると思われます。

初値が公募割れの場合、

シンジケートカバー取引(誠意買い)が行われ、

引受価額の920円あたりで寄り付く可能性があります。

シンジケートカバー取引は、オーバーアロットメントによる売出し実施時に引受証券会社が、発行会社の株主から借り受けた株式の調達・返還のために行われます。

シンジケートカバー取引は株価下落時に行われ、取引の期間は申込期間の終了日の翌日から最長30日間と定められています。

本来であれば引受証券会社は、株価が低くなればなるほど利益がでますが、引受価額付近で買い戻す傾向があることから、“誠意買い“とも呼ばれています。

シンジケートカバー取引は株価の下支え効果がありますが、オーバーアロットメントによる売出し株数が上限となっているので、効果は限定的です。

予想はあくまで独断と偏見によるもので投資を推奨するものではありません。また、掲載した情報に誤りがある場合もございます。

実際に投資を行う際は、あらゆる情報を考慮頂いた上で、自己の責任においてご判断頂きますようお願い致します。

関連記事

IPOの資金はどれくらい必要かと考える人は多いと思います。 IPOの抽選方法などは証券会社によってさまざまですが、実は資金不要でIPOの抽選に参加できる証券会社があります。 この記事では、IPOの抽選に資金不要で参加できる証券会[…]

IPO資金不要で抽選に参加できる証券会社3社を比較!

AnyMind Group(5027)のIPOセカンダリー投資 まとめ

AnyMind Group(5027)のIPOセカンダリー投資についてまとめておきます。

  • 事業内容が少し分かりづらく評価が分かれそうなIPO
  • 売上は急速に伸びているが赤字が続いている
  • 公開価格の1.5倍でロックアップが外れる大株主がいる
  • 上場市場は東証グロース

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

IPO投資は投資経験などに関係なく、当選すれば誰でも利益が出やすいので人気があります。 この記事ではIPO投資に限定して、主な証券会社の比較をしてみます。 比較する証券会社は次の通りです 比較対象の証券会社 S[…]

IPOにおすすめの証券会社比較ランキング
松井証券

IPO抽選時の資金が不要!

松井証券はIPO抽選時の事前資金(前受金)が不要で当選のチャンスが広がります!25歳以下の株式取引手数料(現物・信用)が無料!1日の約定代金合計50万円以下の株式取引手数料、「一日信用取引」の手数料も無料です!資産運用をトータルでサポートする「ロボアドバイザー」が無料で利用できるなど、投資ツールも充実しています。