【IPOセカンダリー投資】ライフドリンクカンパニー(2585)

【IPOセカンダリー投資】ライフドリンクカンパニー(2585) 上場初日の初値予想

【IPOセカンダリー投資】ライフドリンクカンパニー(2585)

2021年12月21日(火)に東証2部に上場する「ライフドリンクカンパニー(2585)」。

ライフドリンクカンパニー(2585)の事業内容や、上場初日における好材料や悪材料を踏まえ、初値予想などを含めたIPOセカンダリー投資を考察します。

IPOセカンダリー投資についてはさまざま解釈があります。

この記事では、IPO株(新規公開株)が上場した直後に値動きの大きいタイミングで投資して、短期で利益を狙う投資手法のことをIPOセカンダリー投資としています。

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPOセカンダリー評価

事業内容 2
業績 2.5
公開株数 2
上場日程 1.5
ロックアップ 2.5
IPOセカンダリー評価:10.5/25

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPO詳細

企業名 株式会社ライフドリンク カンパニー(LIFEDRINK COMPANY, INC.)
企業ホームページ https://www.ld-company.com/
銘柄コード 2585
市場 東証2部
上場日 12月21日(火)
公募価格 1,535円
公募株数 1,324,500株
売出し株数 2,299,800株
OA(オーバーアロットメント) 543,600株
当選株数合計 4,167,900株
想定時価総額 189.5億円
吸収金額 62.9億円

ライフドリンクカンパニー(2585)の主要株主とロックアップ

株主名 比率 ロックアップ
Sunrise Capital II, L.P. 34.21% 360日間
Sunrise Capital II (Non-U.S.), L.P. 30.48% 360日間
田中 利子 10.99% 360日間(1.5倍)
Sunrise Capital II (JPY), L.P. 5.91% 360日間
田中 将雄 5.81% 360日間(1.5倍)
田中 頼広 2.75% 360日間(1.5倍)
田中 頼成 2.75%
湯川 照美 2.75% 360日間(1.5倍)
岡野 邦昭 1.28%
服部 晃幸 0.26%

ライフドリンクカンパニー(2585)の事業内容

ライフドリンクカンパニー
画像出典:ライフドリンクカンパニー

ライフドリンクカンパニー(2585)の主な事業内容は、清涼飲料の製造販売を行なっています。

ミネラルウォーター、茶系飲料(緑茶、麦茶、烏龍茶等)、炭酸飲料、茶葉製品等の製造・販売をおこなっています。

ライフドリンクカンパニー
画像出典:ライフドリンクカンパニー

ライフドリンクカンパニー(2585)の業績

ライフドリンクカンパニー(2585)の業績について。

直近の業績は好調のようで、第2四半期の時点で売上高は13,462百万円を達成しています。

ライフドリンクカンパニー(2585)の業績
画像出典:kabutan

ライフドリンクカンパニー(2585)の業績
画像出典:kabutan

ライフドリンクカンパニー(2585)の上場初日における好材料と悪材料

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPOセカンダリー投資戦略を考える上で、上場初日における好材料と悪材料をピックアップしてみます。

ライフドリンクカンパニー(2585)の上場初日における好材料

直近の業績は好調です。

ライフドリンクカンパニー(2585)の上場初日における悪材料

東証2部への上場は、将来的な成長期待が低く見積もられる傾向があります。

公開株数も多く、IPOのテーマとしては地味な印象が否めません。

12月はIPOが集中しており、ライフドリンクカンパニー(2585)が上場する12月21日(火)は、4社上場予定なので、資金分散しやすく需給面も良いとは言えません。

ライフドリンクカンパニー(2585)の上場初日の初値予想

好材料と悪材料を踏まえ、上場初日の初値をざっくりと予想してみます。

これといったプラス材料もなく、IPO銘柄としての魅力に欠けます。

4社同日上場で不人気の東証2部、公開株数も多いことを考慮すると、初値高騰の期待は出来そうもありません。

個人的に上場初日の初値は公募価格の1,535円前後ではないかと予想します。

予想はあくまで独断と偏見によるもので投資を推奨するものではありません。また、掲載した情報に誤りがある場合もございます。

実際に投資を行う際は、あらゆる情報を考慮頂いた上で、自己の責任においてご判断頂きますようお願い致します。

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPOセカンダリー投資を考察

IPOセカンダリー投資という観点でいうと、正直投資しづらい銘柄だと思います。

IPO銘柄は将来的な成長期待が株価に反映されるので、株価上昇があまり期待できません。

公募価格の1.5倍でロックアップが解除される株主もいます。個人的には見送りの方向です。

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPOセカンダリー投資 まとめ

ライフドリンクカンパニー(2585)のIPOセカンダリー投資についてまとめておきます。

  • IPO銘柄としての魅力に欠ける
  • 公開株数も多く初値高騰は期待しづらい
  • 公募価格の1.5倍でロックアップが解除される株主がいる
  • 上場市場は東証2部

最後まで読んでいただきありがとうございました。

PR広告
SBI証券[旧イー・トレード証券]

国内株式取引シェアNo.1

国内株式取引シェアNo.1、業界屈指の格安手数料No.1、問い合わせ窓口格付け・WEBサポート格付け最高評価獲得。SBI証券のアクティブプランは、取引合計額300万円まで取引手数料が無料です。