エルゴヒューマンプロ レビュー オットマン内蔵型を使ってみた

エルゴヒューマンプロ
画像出典:エルゴヒューマン公式サイト

どうもタッツェです!

前回の記事に続き、今回は実際にエルゴヒューマンプロ(オットマン内蔵型を使ってみた感想をレビューします。

エルゴヒューマンプロは多機能なので、正直この機能は必要かな?と思うところなど、私なりの感想を書いています。

エルゴヒューマンプロの良かったところと残念だったところをパーツ別にレビューしていきます。

エルゴヒューマンプロ(オットマン内蔵型)の購入を検討している人は参考にしてみて下さい。

関連記事

画像出典:エルゴヒューマン公式サイト どうもタッツェです! 長時間座って仕事している人の中には、作業環境向上のために多機能の高級ワークチェアの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。 最近はテレワーク環[…]

エルゴヒューマンプロの良かったところ

はじめにエルゴヒューマンプロを使ってみて良かったところをパーツ別にレビューしていきます。

ランバーサポート

エルゴヒューマンプロ ランバーサポートまずはランバーサポートからいってみましょう!ランバーサポートなくしてエルゴヒューマンは語れません。

まだ使用してから2か月しか経っていませんが、もうこれは賞賛に値するレベルです。

腰へのフィット感が良く、腰が優しく支えられているような感覚で、とにかく心地よいです。

他メーカーの多機能チェアは、背中全体を支える一部としてランバーサポートが存在しているので、腰というよりは背中全体を‟面”で支えられている感じがします。

エルゴヒューマンプロのランバーサポートは独立しているので、腰が‟点”で支えられている感じが明らかに他メーカーの多機能チェアとは違います。

ぜひ他の多機能チェアと座り比べてほしいのですが、腰へのサポートという点でいうなら圧倒的な違いを感じると思います。

自ずと座っている時の姿勢が良くなる気がするのと、やる気モードが各段に上がりました!

リクライニングしても「腰のサポートは任せておけ!」的なランバーサポートの存在感は秀逸です。

座るたびにエルゴヒューマンを買って本当に良かったと実感するほど、ランバーサポートへの満足度が高いです。

バックレスト(背もたれ)

エルゴヒューマンプロ バックレストバックレストはアメリカのMatrex社製のエラストメリックメッシュにしました。このメッシュの1番気に入っているところが弾力性です。

ランバーサポートとヘッドレストも同じメッシュ素材なのですが、この弾力性が本当に気持ちいいです。

背中全体にフィットして、けっこう反発力があります。

バックレストの位置とヘッドレストの高さ、リクライニングのテンションを調整してリクライニングしていると、とてもリラックスできます。

頭・背中・腰が、それぞれ別々にサポートされている感じがなんとも心地良く、ONとOFFの切り替えがバッチリできます。

自宅でテレワークしている人などは、他人の目を気にせずゆったりリクライニングしたいという人も多いと思います。

エルゴヒューマンプロはリクライニング時のクオリティも満足度が高いです。

バックレストとランバーサポートは連動しているので、バックレストの位置調整をすることでランバーサポートの位置も変ります。

背中に合わせてバックレストの位置を調整するというよりは、どちらかというとランバーサポートの位置(腰の位置)に合わせてバックレストを調整するといった感じです。

エルゴヒューマンプロのリクライニングはデフォルトのままだとけっこう硬めなので、リラックス効果を上げるにはリクライニングのテンションを調整した方がいいと思います。

ヘッドレスト

エルゴヒューマンプロ ヘッドレストエルゴヒューマンプロのヘッドレストは高さを調整できる範囲が広くて良いです。

ヘッドレストの角度に関しては、正直角度を変えてもメッシュ部分の感触が一緒なので、それほど違いは感じません。

でも高さを変えると首から後頭部にかけてのサポート部分が変わるので、けっこう印象が変わってきます。

座面(モールドクッション)

エルゴヒューマンプロ モールドクッションエルゴヒューマンを買うときに1番悩んだのが座面の素材です。

結果的に座面はメッシュではなくモールドクッションにしました。

なぜモールドクッションにしたかというと、通気性より「クッション性」「耐久性」を重視したかったからです。

北海道なのでメッシュだと通気性が良すぎて冬は少し寒いです。夏でも蒸れるくらい暑くなることはほとんどないので、腰痛軽減の為にもクッション性を高くしたかったのです。

モールドクッションの座り心地は、少し硬めな感じでしっかりクッションが効いています。

長く座っていてもお尻が痛くなることはなく快適です。

あくまでも個人的な感想ですが、メッシュ素材独特の浮いているような感じというよりは、ベッドマットのような体が適度に沈み込むような感じに近いと思います。

耐久性に関しては、まだ使って2ヶ月しか経っていないので現時点では何とも言えないですね。店員さんがモールドクッションの方が耐久性が高いと言っていたので、信じてみようと思います・笑

座面のスライドと前傾チルト機能(座面角度調節)

エルゴヒューマンプロ 前傾チルト機能エルゴヒューマンプロの前傾チルト機能は、あればいいかなくらいの感じしかなかったのですが、使い始めてみるとこれが思っていたより良かったです。

画像のハイブリッドレバーを前側にすると、座面のスライドが可能になります。

エルゴヒューマンプロの座面は、前後にスライドさせられるだけではなく、角度調整で後方座面を最大20mm高くすることができます。

作業に集中すると自ずと前かがみになって下腹部と太腿の裏が圧迫されるので、体内循環が悪くなる恐れがあるようです。角度をつけて前傾にすることで、大腿部や下腹部への圧迫を軽減する効果があります。

個人的な感想としては、前傾にしていると姿勢が良くなって猫背になりずらい気がします。

アーロンチェアで有名な前傾チルト機能ですが、地味だけどけっこういい機能です。

アームレスト

エルゴヒューマンプロ アームレストエルゴヒューマンプロのアームレストは、前後左右のスライドと左右20°の範囲で角度調整が可能です。(もちろん高さも調整できます)

エルゴヒューマンプロ アームレスト椅子のクオリティを左右する上で、アームレストの調整がどのくらいできるのかは重要な要素ですが、アームパッドを掴んで簡単に動かせます。

エルゴヒューマンは細かいところに手が届くというか、何かと気が利いてますね。これくらい細かく調整できると言うことないです。

アームパッドは広くもなく狭くもなくちょうどいい幅です。

アームパッドの素材は車のインテリアで使われているソフトパッドのような感じで、指で押せば少し引っ込みます。エルゴヒューマンプロ アームパッド

ハードプラスティックのような硬さとは違って、これもGoodです。

エルゴヒューマンプロの残念だったところ

では次にエルゴヒューマンプロの残念だったところも書いていきましょう。

オットマン

エルゴヒューマンプロ 内蔵型オットマンエルゴヒューマンプロにするならオットマン内蔵型でしょ!と、なんの迷いもなしに決めてしまいましたが、これがちょっと微妙でした。

私は身長が173cmで、それほど身長が高い方ではないのですが、少し足の先が飛び出る感じになります。(オットマンがふくらはぎにあたる感じです)

この辺の感覚に関しては個人差があると思いますが、私は少し物足りなく感じました。オットマンもスライドできるようにして、少し長く調整できればいいなと思います。

エルゴヒューマンプロのオットマンに関しては、身長が低い人向きだと思った方がいいです。

身長が180cm前後の人だと、足がかなりオットマンからはみ出る感じになると思います。

タブレットスタンド

エルゴヒューマンプロ タブレットスタンドリクライニングしながらタブレットを見る以外、あまり用途を見い出せていないというのもありますが、タブレットスタンドもほとんど使っていません。

また、タブレットスタンドは出すのが面倒なところが難点でもあります。

オットマンが期待外れだっただけに、リクライニング状態を固定してタブレットを見るという密かな楽しみが消えた私にとって、もはやタブレットスタンドは不要となりつつあります。

また、私はiPad Proの12.9インチを使っているのですが、下の画像のようにタブレットスタンドのフックがかかりません。エルゴヒューマンプロ タブレットスタンドまぁフックがかからなくてもタブレットスタンドには収まるのですが、なんか収まりが悪い感じがありますね・・。(iPad Proの12.9インチ以外ならしっかりフックに収まると思います)

座面(モールドクッション)

モールドクッションは良かったところにも書いていますが、実は残念だったところもあります。

座り心地に関しては大満足なのですが、モールドクッションは色がブラックなので埃が目立ちます。

エルゴヒューマンプロ モールドクッション

購入前に冷静に考えれば気付きそうなものですが、これは以外にショックというか想定外の残念でした。

適宜クリーナーをかけるなどすればよいのですが、埃が気になる人はメッシュの方がいいと思います。

なのでモールドクッションに関しては、良かったところと残念だったところの同時ランクインという結果になりました。

エルゴヒューマンプロの全体的な感想

エルゴヒューマンプロオットマン
画像出典:エルゴヒューマン公式サイト

私の率直な感想としては、エルゴヒューマンプロは多機能で座り心地が良く、本当にクオリティが高いワークチェアだと思います。

アーロンチェアやコンテッサに比べると価格も安いし、コスパ面でもおすすめです。

ただ私の場合は、ついあれもこれも付けたくなる性格なので、用途を冷静に考える事の重要さも痛感しました。(いつものことなのですが・・)

個人的にはオットマンとタブレットスタンドは無くても良かったです。まぁなんでも使ってみないとわからないですからね・笑

腰へのサポートという点で言うと、エルゴヒューマンプロは別格だと思います。体へのアジャスタビリティ(適応性)が抜群です。

エルゴヒューマンプロの全体的な感想としては大満足です。

MADE IN JAPANのクオリティというか、関家具さんには敬意を表します。グッジョブ!

腰痛は軽減したの?

さすがに腰痛が治ることはありませんが、以前の椅子(2万円ぐらいの椅子)より長時間作業をしても苦痛ではなくなりました!

一言でいうと身体が「疲れにくくなった」というのが率直な感想です。

つい長時間作業をしがちになって腰痛が悪化したら元も子もないので、その辺は意識して休憩をとるようにしています。

あと、これはエルゴヒューマンプロの恩恵かどうかはわかりませんが、不思議と肩こりが軽減しました。

腰痛の軽減が目的でしたが、肩こりまで軽減できるとは思わぬ嬉しいサプライズです!(エルゴヒューマンプロの効果かどうかは不明です)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

画像出典:エルゴヒューマン公式サイト どうもタッツェです! 長時間座って仕事している人の中には、作業環境向上のために多機能の高級ワークチェアの購入を検討している人も多いのではないでしょうか。 最近はテレワーク環[…]