インデックス投資は長期投資の王道

インデックス投資は長期投資の王道

インデックス投資は長期投資の王道

「愛読書は四季報です」どうもタッツェです!

前回の記事では投資信託について解説しました。

投資初心者の方が混乱しないように、あえてインデックス投資という単語は使いませんでしたが、実は投資信託とインデックス投資は同義語のように使われます。

今回は長期投資の王道「インデックス投資」について解説します!

インデックス投資って何?

インデックス投資まずはインデックス投資について簡単に説明します。

インデックス投資とは、基準となる株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す、投資信託(インデックスファンド)に対する投資法です。

株価指数(インデックス)とは、特定の株式市場における商品全体の平均的な値動きを指します。

つまりインデックスファンド(投資信託)にはベンチマークが設定されていて、例えば日経平均をベンチマークしているインデックスファンドであれば、日経平均が1%上がれば、そのインデックスファンドもおおよそ1%上がることになります(実際には投資信託の「信託報酬」が引かれるので弱冠マイナスになる)。

インデックスファンドとして運用されている投資信託は、日経平均TOPIXのような日本の株価指数(インデックス)と連動するものや、S&P500NYダウのようにアメリカの株価指数に連動するものまで、さまざまな種類があります。

なので一概にインデックスファンドといっても、どの株価指数に連動するかによって投資結果は変わって来ます。

要は日経平均やTOPIXの銘柄全体に、均等に投資するのがインデックス投資です。

短期間で大きく儲ける投資ではない

一言でいうとインデックス投資は短期間で大きく儲ける投資ではありません。

短期トレードで売ったり買ったりするような投資ではなく、長期的な時間をかけて資産を増やしていく投資法です。

ネットなどで「200万円を3年で1億円にしました!」みたいなことを見たことがあるかもしれませんが、そのようなことを目指す投資ではありません。

時間を味方につけて複利の効果を最大限に生かす。」インデックス投資の本質はこれです。

時間をかければかけるほど複利の効果が大きくなるので、プラスサムゲームになりやすいのです。

リスクは少ないですが、短期間でみるとリターンも少ない。インデックス投資は長期的な資産形成に向いています。

短期的な値上がり・値下がりを利用して利益を出す「ブルベアファンド」のような投機目的のインデックスファンドもあります。

あくまでもこの記事では、積み立てnisaの対象となっている長期投資を目的とした優良なインデックスファンド(投資信託)を対象としています。

インデックスファンドはドルコスト平均法で積立投資

では実際にインデックス投資の対象となる、インデックスファンド(投資信託)はどのように購入するのがいいのでしょうか。

インデックスファンド(投資信託)は毎月一定額を積立購入するのがおすすめです。

最近は「つみたてNISA」の口座を開設してインデックスファンド(投資信託)を購入している人も増えたのではないでしょうか。

積立投資は株などを定期的に一定額分だけ購入していく方法で、これをドルコスト平均法と呼びます。

株価は上がったり下がったりを繰り返し、常に変動しています。

できる事なら株価が安値の時にたくさん買って、高値の時には買いたくないものですが、未来の株価の予想など誰にも出来ません。

毎月一定額分購入することで、株が高値の時には少量しか買わず、安値の時には多く買うことが出来るので、長期的に見ると購入額はおおよそ平均値に近くなります。

積立投資はまとまった資金がなくても毎月コツコツ購入できるので、長期的な資産形成を目指す人には最適です。

インデックスファンドは再投資型がおすすめ

積立投資の対象となるインデックスファンド(投資信託)には、「分配型」と「再投資型」の2種類があります。

それぞれ簡単に説明します。

分配型のインデックスファンド
分配型のインデックスファンド(投資信託)は、運用で得た利益を分配金として投資家に還元します。投資家からすると定期的に分配金が貰えるのは嬉しいですし、何より投資の実感が湧くと思います。

しかし定期的に運用益を還元する以上、複利の効果が生かせないので投資効率が悪く、長期的な資産形成には向きません。

再投資型のインデックスファンド
再投資型のインデックスファンドでは、運用益がそのまま上乗せされて再投資に回ります。運用益が上乗せされて再投資されるので、複利のパワーを効率よく生かすことができます。

10年、20年という長期で見ると「分配型」と「再投資型」の資産形成には大きな差が出るのは明白です。

インデックスファンドは、長期保有して複利の効果を最大限に生かしてこそ強みを発揮します。

インデックスファンドの多くは再投資型になっていますが、投資の実感が湧きやすい分配型のインデックスファンドは人気があるようです。

インデックス投資の本質を理解して「再投資型」にするのがおすすめです。

インデックスファンドとアクティブファンドとの違い

投資信託にはインデックスファンドのライバルのようなアクティブファンドもあります。

日本でも「ひふみ投信」などは有名なアクティブファンドですね。

一言でいうと、インデックスファンドとアクティブファンドは運用目的が違います。

ベンチマークとする特定の指数と値動きが一緒になるように運用されているインデックスファンドに対し、アクティブファンドは指数を上回る運用成果を出すことを目的としています。

構成銘柄でいうと、インデックスファンドはベンチマークする指数と同じ銘柄構成にするだけなので、それほど手間がかかりません。

一方、アクティブファンドの構成銘柄は、ファンドマネージャーなどの専門家たちが綿密な企業分析などを行い、独自の基準で銘柄を組み入れています。

そのためインデックスファンドに比べて人件費や手間がかかり、運用コスト(信託報酬)が高めです。

少しくらい運用コストが高くても、リターンが大きいならアクティブファンドの方がいいと思う人もいるでしょう。

株式投資の歴史で見ると、実際には多くのアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないというデータがあるようです。

まとめ

インデックス投資は長期的な資産形成と相性が良い投資法です。

最初に必要な設定をしてしまえば、あとはほとんどやることがないので手間も時間もかかりません。

逆にいうと何もやることがなくてつまらないという意見が多いのもインデックス投資です。

最後にインデックス投資についてまとめておきます。

  • ベンチマークする株価指数と同じ値動きを目指す投資信託に対する投資
  • 低コストで長期的な資産形成に向いている
  • 積立投資と組み合わせて複利効果が生かせる
  • 手間も時間もかからない

最後まで読んでいただきありがとうございます。参考になれば幸いです!