楽天証券のIPOの抽選方法やネット配分を解説

楽天証券のIPOの抽選方法やネット配分を解説

楽天証券のIPOの抽選方法やネット配分を解説

楽天証券IPO投資には欠かせない楽天証券。

この記事では、楽天証券のIPOに関する基本情報をわかりやすく解説します。

具体的な内容は次のとおりです。

  • 楽天証券のIPO基本情報
  • 楽天証券のIPOの抽選方法とネット配分
  • 楽天証券のIPO実績
  • 楽天証券のIPOメリット・デメリット

さらに、5大ネット証券との口座開設数の比較なども紹介します。

楽天証券のIPO基本情報

【楽天証券】
楽天証券のIPO基本情報
IPO銘柄取扱数
(2021年度)
74銘柄
主幹事数
(2021年度)
0
口座数 800万口座以上
抽選方法 完全抽選
ネット配分 銘柄ごとに申込上限数を設定
前受金
(事前資金)
必要
入金タイミング 購入申込時
IPO銘柄のNISA口座対応 ×

上記の基本情報を踏まえ、特筆すべき点をピックアップしてみましょう。

楽天証券のIPOの抽選方法とネット配分

楽天証券のIPOの抽選方法は、コンピューターによる完全抽選方式で銘柄ごとに申込上限数が設定されています。

ネット配分は100%です。

IPOの抽選方法は主に次の3つに分かれます。

  • 一人一票制(平等抽選方式)
  • 一口一票制(口座比例方式)
  • ステージ制(個人優遇方式)

この3つの抽選方式は、それぞれ次のような特徴があります。

一人一票制(平等抽選方式)

一人一票制(平等抽選方式)は、一人(一口座)につき抽選権が一票となります。

資金量がどれだけ多くても当選確率は変わりません。

一口一票制(口座比例方式)

一口一票制(口座比例方式)の場合、一口の応募につき抽選権が1つ与えられます。

応募口数が多い(=資金量が多い)ほど当選確率が上がります。

ステージ制(個人優遇方式)

ステージ制(個人優遇方式)では、預かり資産や取引実績などによって当選確率が変わります。

資金量が多いほど当選確率は上がりやすくなります。

楽天証券の抽選方式は一人一票制(平等抽選方式)ではないものの、ほとんどの銘柄は申込数の上限が100株に設定されているので、資金量による差はほぼないと言えるでしょう。

申込上限数が1単元(100株)の場合は平等抽選方式です。

楽天証券のIPO実績

楽天証券の過去10年分のIPO実績は次の通りです。

【楽天証券のIPO実績】
過去10年のIPO実績
年度 取扱銘柄数
2021年度 74
2020年度 38
2019年度 26
2018年度 11
2017年度 7
2016年度 8
2015年度 10
2014年度 2
2013年度 2
2012年度 12

2021年は74件のIPO取扱実績があり、ネット証券ではSBI証券(122)に次ぐ多さです。

楽天証券のIPOは当たりやすい?

2021年は主幹事の実績こそないですが、楽天証券はIPO銘柄の取扱数が多いです。

IPOの抽選は証券会社ごとに行うので、証券会社によって当選確率が異なります。

楽天証券の場合は口座開設数も圧倒的に多く、IPOでは口座開設数が多いほどIPOの抽選に参加する人も多くなるので、抽選倍率は上がり(=当選確率は下がる)ます。

5大ネット証券の口座開設数を比較

5大ネット証券の口座開設数を比較してみましょう。

5大ネット証券の口座開設数
証券会社名 口座開設数
SBI証券 800万口座以上
楽天証券 800万口座以上
マネックス証券 200万口座以上
auカブコム証券 150万口座以上
松井証券 130万口座以上

5大ネット証券のなかでも楽天証券とSBI証券は口座開設数が圧倒的に多いので、IPOの抽選倍率は高くなります。

そのため、IPOの取扱い銘柄数が多いからといって、一概に当選しやすいとはいえないでしょう。

IPOの当選確率を上げるには、何はさておきIPOの抽選機会を増やすことです。

まずは複数の証券会社に口座を開設して、IPOの抽選機会を増やすことが大事です。

関連記事

IPO投資は投資経験などに関係なく、当選すれば誰でも利益が出やすいので人気があります。 この記事ではIPO投資に限定して、主な証券会社の比較をしてみます。 比較する証券会社は次の通りです 比較対象の証券会社 S[…]

IPOにおすすめの証券会社比較ランキング

楽天証券はNISA口座でのIPOの申込みはできない

楽天証券はNISA口座でのIPOの申込みができません。

NISA口座の非課税メリットを活かしてIPO銘柄を購入したいと考えているなら、他の証券会社からIPOに申し込むのがいいでしょう。

楽天証券のIPOメリット・デメリット

楽天証券のIPOのメリット・デメリットをまとめておきます。

楽天証券のIPOメリット

楽天証券のIPOのメリットは次のとおりです。

  • IPO銘柄の取扱数が多い
  • ネット配分は100%で資金量による差はほとんどない
  • 申込上限数が1単元(100株)の場合は平等抽選方式

楽天証券のIPOデメリット

楽天証券のIPOのデメリットは次のとおりです。

  • 他の証券会社に比べて口座開設数が多い(=ライバルが多い)
  • NISA口座でのIPOの申込みはできない

楽天証券のIPO まとめ

近年はIPOの取扱数を大きく増やしている楽天証券。

口座開設数は多いですが、2021年は74銘柄のIPOを取り扱っています。

IPOの抽選方式は一人一票制ではないですが、ほとんどの銘柄は申込数の上限が100株に設定されているので、資金量による差はほぼないと言えるでしょう。

楽天証券は、みずほ証券から2割(800億円)の出資を受けることが発表されています。

みずほ証券はIPOで主幹事になることも多いので、みずほ証券との提携でIPOの取扱数が増加するなどのメリットがあるかもしれません。

スマホアプリの使いやすさや楽天ポイントの利用など、楽天ならではの特典も充実しています。

IPO投資をするなら口座開設しておきたい証券会社です。

\ 新規口座開設数No1! /

楽天ユーザーにおすすめ!

松井証券

IPO抽選時の資金が不要!

松井証券はIPO抽選時の事前資金(前受金)が不要で当選のチャンスが広がります!25歳以下の株式取引手数料(現物・信用)が無料!1日の約定代金合計50万円以下の株式取引手数料、「一日信用取引」の手数料も無料です!資産運用をトータルでサポートする「ロボアドバイザー」が無料で利用できるなど、投資ツールも充実しています。